トップページへ

本ページは、FCoinのサービス全体概要を把握したい人向けのページです。 FCoinおよびFTについての概要はトップページを参照してください。


目的別早見表

FCoinはサービスごとに口座がわかれています。
口座間の資金移動(振替=Funds transfer)は無料で即時反映されます。
ここでは目的別に各口座の概要を説明します。

目的 利用口座
入出金したい マイウォレット(My Wallet)
現物取引したい 取引口座(Trading Account)
預金したい、利息ほしい 理財口座(Financial Account)
レバレッジ取引したい マージン口座 (Margin Account)
配当ほしい ロック口座(Lock Account)

マイウォレット(My wallet)

各取引所やウォレットへの入出金のほか、FCoinの各口座への振替元となります。
また、配当や理財利用による利息の受け取りもマイウォレットになります。 FCoinでなんらかのサービスを利用する場合、そのサービス用の口座に対しマイウォレットから振替移動させて利用することになるため、 マイウォレットは最も基本的な資金の管理元になります。

FCoinのマイウォレットへ

取引口座(Trading account)

現物取引をすることができます。メジャー通貨のメインボードと、草取引用のFOneというブランドに分かれています。

FCoinの取引口座へ

理財口座(Financial account)

預金することで当該通貨を利息で増やすことができます(例:BTCを預けたらBTCが増える)。
理財口座に預金された通貨はレバレッジ取引への貸し出しのために使われます。

通貨ごとに利率は異なり、毎日利率の見直しがある変動金利制です。
最新の日利はコチラ(FCoin公式)から確認できます。

注意点として、各通貨ごとに1日一回までの入出金制限があります。 この制限は毎朝9時(日本時間)にリセットされます。

FCoinの理財口座へ

マージン口座(Margin account)

レバレッジをかけた取引ができます。レバレッジ分はローンとなるので利子が発生します。
通貨ごとに利率は異なり、7日毎に利率の見直しがある変動金利制です。

リスクレートが110%未満になると強制決済されるため、マージン口座の資産は基本的には0にはなりませんが、 短時間で急激な相場変動が発生し、資産がマイナスとなった場合は、強制決済の後マイナス分を補填するまでマージン口座は凍結され利用不可となります。

リスクレート = (マージン口座の口座残高 / ローン金額) × 100%

例:
1000ドル分の通貨をマージン口座に入金し、2000ドル分の通貨をローンしたとすると、 マージン口座残高評価額は3000ドルになるので、リスクレートは150%となります。
ここから損失を出しマージン口座の残高評価額が2200ドル(リスクレートが110%)を割ると、 2000ドル+ローン利息が強制決済されて200ドル弱が手元に残る計算になります。

FCoinのマージン口座へ

ロック口座(Lock account)

FTをロックアップすることで、毎日配当を受け取ることができます。毎日の配当総額はプラットフォーム収益の16%*です。
また、マイニングによって取得するFTは、1年ロックされた状態でロック口座に付与されます。

FCoinのロック口座へ

*毎日の配当総額は合計で80%ですが、残りの64%分は通年でプールされ、ロックアップしていなくても毎年1/1にFTホルダーに一斉分配されます。


各種サービスの利用条件

FCoinにはFTロックアップによる毎日の配当以外にも多くのお得なサービスがあります。
ここでは、それらへの参加条件とそのサービスを紹介します。
(解説ページのあるものは解説ページへのリンク付きです。)

*1
KYCしていない場合、もしくは、1日あたり50回の注文を超えた場合、
短時間で多くの出来高をあげるよりも24時間バランスよく安定して出来高をあげた方が評価が高くなる。

*2
プラットフォーム収益の80%はFTホルダーに配当される。
このうちの20%(=収益全体の16%)がロックアップされているFTに応じて毎日配布され、
80%(=収益全体の64%)が毎年1月1日にまとめて配布される。1月1日の一括配当はロックアップしておく必要はない。